笑う推しには福来る

推しに人生を変えられた人の雑記帳

自己紹介と推しのこと

はじめまして。

推し事の過程で情報収集していたら、若手俳優を推している方々のはてブロにたどり着いて今まで色々参考にさせてもらったので、私も推し事のことでなにか情報発信ができればと思ってブログ開設しました。

推しの名前は出しませんが、見る人によっては推しのことも私のことも誰か分かると思うので、もし分かってもどうかそっとしておいてください。

自己紹介と推しのことについては続きから。

続きを読む

手紙妖怪がヒトになれた話

先月書いた、推しに毎週10枚以上の手紙を送ってる話のあと、結局それを1ヶ月続けたので、あまりに手紙が多くなりすぎてることを推しに接触で詫びた話とその結果です。

miyama-oc.hateblo.jp


先月の推しの仕事ラッシュが終わった後、今月は写真集が発売されて。
あまりに最高だったし、インタビューが衝撃的だったので、感想を書いた手紙が13枚になってしまった。
先月で手紙ラッシュが終わるはずだったんじゃなかったのかと。
で、接触はその写真集のリリイベだったので手紙を出した。

接触の時。
本当に迷惑っぽい感じだったら土下座するしかないって思って、勇気を振り絞って手紙についての会話を切り出した。

私「写真集の感想のお手紙が13枚になっちゃって…」
推し「13枚?!まじで?!最高!!めっちゃ嬉しい!!今までのも全部読んでるよ!!

なんと喜んでもらえた。
しかも、最高って。そんな言葉をもらえると思ってなかったからすごくびっくりした。
もうこの時点で嬉し泣きしそうになってた。
私がすごく気にしてたことへのフォローまでしてくれて本当に感謝しかない。

さらにその後、推しの方から私の出した手紙の内容に触れてくれたり、読むタイミングについても教えてくれた。
この会話で、さっきの「全部読んでるよ」が社交辞令じゃないことが分かった。

はぁ〜〜〜〜神様だ…
神様の役を何年もやってるだけあって(?)本人が神様。

推しはファンには正直でいたいタイプなので、私の出した手紙を本当に喜んでくれてるんだと思う。
それがわかっただけでも嬉しかったのに、私から言わなくてもリアルの私と手紙の主を完全に一致させた上で推しから話を振ってくれて、もう感無量すぎて言葉が出ない。
本当に報われた。
今までの接触で一番嬉しい出来事だった。
嬉しすぎて、終わってからトイレでちょっと泣いた。

毎週10枚以上の手紙書くのって、フルタイムで仕事しつつ家事もしながらだと気軽にできることじゃなくて。
前の手紙を出して以降の推しの仕事を一つ一つ見返して、いいと思ったところを書き出して、一通の手紙としてまとめて、それを手書きしていく。誤字をしたら新しく書き直す。
だから、疲れてる時は基本的に向いてない作業で。それでも時間の制約があるから、魂削って書いてることがほとんど。
そこまでしてでも伝えたくて出してたから、見返りは求めないものだとわかってはいても、やっぱり本人の手に全部渡って読んでもらえてるって言ってもらえるだけで、やったことは無駄にはなってなかったってわかるだけでもものすごく救われる。嬉しいなんて言ってもらえたらなおさら。

その後の接触もふざけあえたりして楽しく過ごせたのが嬉しくて、最後の回にありがとうの手紙を書いて出した。
これは1時間も時間が取れなかったからさすがに4枚が限界だった。
この手紙で、もうこれからは、手紙の枚数が多くてごめんなさいは言いません、と伝えた。
その代わり、これからは今まで以上に気持ちをこめて書きます、とも。
※手紙をもっと長くしますという意味ではない

他の人からしたら、私の記事だけ見てたらだいぶやばい手紙妖怪だと思われても仕方ないのだけど、私の推しは私を否定せず、むしろ嬉しいって喜んで受け入れてくれてるから、推しの前でだけはヒトでいれそうです。
ヒトでいさせてくれる推しへ、感謝をこれからもずっと伝えて、推しに喜んでもらえるようにこれからも動きます。

推しが推しで本当に良かった。
私にとって、世界一素敵な人です。


※推しは私の手紙を喜んでくれてはいるけど、他の同担の手紙をどう思ってるかはまた別の話だから、迷惑かなとか気になることがあったら、各自で直接本人へ聞いてくださいね。あくまでこれは私と推しについての話ということで。

推しの新しい仕事と私のトラウマ

推しの新しい仕事情報が解禁されました。
しかも、推しがずっと出たいと願っていた演出家の舞台。
もうめでたいったらありゃしない。

でも、私は喜んだ反面、すごくしんどくなってしまった。
というのも、過去にこの演出家の舞台を見てトラウマを負ってしまったから。

この人のオリジナル作品であれば、話や見せ方は好きです。
ただ、長い。
長いというか、上演予定時間オーバーがひどすぎる。
大楽で30分程度のオーバーならまだしも、そうじゃない日の19時からの公演で告知時間から1時間半オーバーってさすがにどうなの。
それを観た時は一番遅い時間の夜行バス取ってたのにカテコまで観てたら間に合わなくて泣く泣く途中退席したし、私が退席した時点で客席の1/3ぐらいは帰ってた。遠征でなく、関東在住の人ですらも席を立たないと終電間に合わないとか他で聞いたことがない。

この演出家の他の舞台でも、大楽が5時間半(カテコとおまけで約2時間)とかあったんですよ。
だから、この人の舞台=クソ長い、帰りの時間を気にしないといけない、告知されてる時間があてにならないから予定が狂う、っていう認識がついてしまった。

私は観劇時に途中退席するのめちゃくちゃ嫌なんです。
役者さんに申し訳ないし、こっちもお金出して観に来てるのに結末やカテコが見れないなんてつらすぎる。
長すぎて席を立った人が多すぎて後半全然観るのに集中できなかったのもしんどかった。
せめて告知してた上演時間が最初から長く設定されていれば私だけでなく観に来た人みんなが最初からホテル取るなり対策できたのに。
この人の舞台で何度もこういうことがあったのが積み重なってトラウマになりすぎて、ここ数年は演出家と関係者全員ブロックしてるぐらい避けてた。

でも、推しがこの演出家の大ファンで。
いつか絶対にこの人の舞台に出るって強く思ってるのはずっと感じてたし、そう遠くない未来に役を掴むと信じてた。
その日が今日、ついに来てしまった。

ここ1、2年ぐらいのこの人の舞台は2時間半ぐらいで帰れるって聞いたから大丈夫だとは思うし、私が夜公演後に泊まればいいだけの話なんだけど、トラウマが蘇ってきて辛い。
でも、上演時間さえめちゃくちゃオーバーしなければトラウマ克服できると思うから、出来ればそれに賭けたい。

話そのものや推しの演技や役については何も心配してなくて純粋に楽しみだし、おそらく推しが得意なアドリブも入れれると思うから、観た後に来て良かった!って言えることを心の底から祈りつつ、最速先行取れるだけ取ってきます。

イエベ秋の現場メイク:ズルむけしないリップ編

現場メイクの話が大好きなので私も書いてみます。

イエベ秋(2nd春)の自分が好きでよく使うリップを挙げてますが、パーソナルカラー関係なく、オペラ、YSL、Dior(マキシマイザー含)、モアリップあたりでズルむけしてしまう人の参考になれば。
デパコス、プチプラ、似合えばなんでもありのスタンスです。

※色味はおそらくイエベ秋にしか合わないものだと思うので、その他のパーソナルカラーの人はブランドだけ参考にしてください。あと、ズルむけるかどうかは完全に個人差で運なところあるから、挙げたの使ってみてズルむけたらすみません。


■下地
フローフシ LIP38℃ Lip Treatment / +1℃
flowfushi.com
モアリップやDiorのマキシマイザーでズルむけたので白色ワセリンしか塗れなかった私にとっての救世主。
寝てる間につけててもズルむけない。塗るとふっくらして縦じわが目立たなくなる。匂いがしないのも最高。
もうこれがないと生きていけない。


接触の時用リップ
私の場合は接触用、接触のない現場用で使い分けてます。接触の時に、推しが苦手な匂いや色味のものつけてたくないので。
推しが苦手だけど自分が好き!っていうのは後で挙げます。

※単純に自分が気にしてるだけで、推しはこっちが何つけてようが全然気にしてないと思います。本当に自己満足チョイス。

MAC パウダーキスリップスティック / インパルシブ
www.maccosmetics.jp
重すぎないブラウンで、つけ心地がすごくふわっとしてる。
マットだけど縦じわが目立たない。
推し関係なく、しゃべりやすそうな雰囲気を出したい時につけることが多い。


ルナソル エアリーグロウリップス / 05 Mocha / 07 Bitter
www.kanebo-cosmetics.jp
とりあえずポーチに忍ばせとけばどんな場面でもなんとかなる万能リップ。
取れやすいけど接触時は飲み物飲むわけじゃないから問題ない。
程よいツヤ感で、モカの方がオレンジブラウンっぽくて春夏向け、ビターは秋冬向けかな。
ルナソルのリップとグロスは絶対にズルむけないし、イエベ寄りのアイテムが多いので重宝してます。


ロレアルパリ リュクスレザーコレクション / 291 2AM ウィズ アーリヤ / 292 シェリーズ プラン
www.lorealparisjapan.jp
若干ズルむけるけど色味がとても好き。
292は垢抜けオレンジブラウンマットリップですごく使いやすい。
291は接触では使わないけど秋冬に使いたいブラウン。
このコレクションはどれもイエベ用ブラウンリップって名目なんだけど、642 ナターシャズ シークレットはブルベ冬もしくは1st秋2nd冬の人の方が似合いそう。


レブロン バームステイン / 055 アドアー
www.revlon-japan.com
赤リップはこれが一番好き。万能リップ。ミントの匂いがするから接触の30分ぐらい前までにつける。
ただ、イエベ秋でも合う人と合わない人がいるみたい。
ほんのりゴールドラメが入ってるから、2nd夏冬の人だと合わないかも。


Little M·A·C リップスティック / チリ
www.maccosmetics.jp
持ち運びに便利なサイズなのでポーチに気軽に入れておける。
上のレブロンのアドアーより黄み寄りレッド。イエベのための赤リップ。


3CE ムードレシピ マットリップカラー / #220
jp.stylenanda.com
ルナソルモカよりもよりオレンジブラウンでマット。結構マットなので下地必須。秋冬向け。
落ちにくいから接触後に飲食の予定がある時だと安心。


エチュードハウス ディアマイエナメルリップトーク / OR204 大人の紅茶
www.etudehouse.com
カジュアルな服×オレンジメイクの時はこれ。夏に重宝しました。
甘ったるいお菓子の匂いがするからこれもつけるなら30分前。
他に挙げたものよりもオレンジ感強めなので、服のチョイスを間違うと事故る。


接触がない時のリップ
出欠確認があるかも?ぐらいの時用。匂いを気にしないでいいのが楽。

レブロン ウルトラ HD ジェル リップカラー / 715 アラビカ
www.revlon-japan.com
黄み寄りショコラな色味もゴールドのラメ感もめちゃくちゃ好きなんだけど、推しが苦手な匂いどストレートかつ時間が経っても結構残るので接触では絶対に使えないアイテム。
でも好き。


■推しのいない現場用リップ
単純に自分が好きな攻撃力高めのブラウンリップ。推しが苦手な系統だけど自分が好きなだけです。

ヴィセアヴァン リップスティック / 004 WARM NIGHT
www.kose.co.jp
1度塗りで十分いい感じのブラウンリップになれる。細身で塗りやすいのも好き。
2度塗りするとめちゃくちゃがっつりブラウンになってかっこいい。


リンメル ベルベティ ステイ マット  / 006 Moca brown
www.rimmellondon.jp
ズルむける、すぐに色落ちする。でも色味が本当に名前の通りのモカブラウンでめちゃくちゃ好き。
あんまりマットでもなく、ムースっぽい質感。


Dior アディクトラッカースティック  / 620 ポイズナス
www.dior.com
ディオールはズルむけると最初に言ったとおり、つけるとズルむけます。
が、色味がものすごく好き。色気のある血色の良いウォームブラウン。
これをヘビロテできる体質になりたかった!!!!

※ちなみにブラウンリップの名作として名高いNARSのパワーマットリップピグメント 2760 スローライドはなんか合わなかったです。2nd夏の人向けかもしれない。


グロス
あまり使わないので、使うとしてもこの2つぐらい。

kiss ニュアンスラスターグロス  / 04 Gold Haze / 09 Neon Light
www.kiss-cosmetics.com
04がゴールドラメ、09がゴールド系オーロララメ。
リップを塗った唇の中央にぽんぽん置くだけでどんな色味でもイエベリップになる、チートアイテム。
特に09は本当になんでもイエベリップになる。
04のゴールドラメは程よい大きさと密度なので、わざとらしさがなくて良いです。

難点は取扱店舗が少ないこと。
青みピンクオーロララメとかもあってかわいいので、売ってたら是非見てみて欲しいです。


挙げたの見事にオレンジ~赤~ブラウンしかなくて、色味についてはイエベ秋以外の人には全く参考にならない気がします。
でも、塗り心地が良くてズルむけないの中心に挙げてみたので、参考になれば幸いです!

妖怪 手紙かけ婆

本当はこんなはずじゃなかった。
何故毎週10枚以上手紙を書いては事務所に送りつけているのか。
もはや完全に妖怪の類ではないか。
推しも妖怪だからいいか!…ではなく。
※今回の記事で完全に推しバレしてそうですがそっとしておいてください
miyama-oc.hateblo.jp

先月この浮かれた記事を書いた時は、週3固定のお仕事に対しての感想を1週間毎にまとめて、毎週4~5枚を送るぐらいでいる気だった。

実際はどうか。
今月に入って、その週3のお仕事+毎週違うお仕事が入ってる、もしくは新しい仕事の告知が何かしらきてる状況で。
CDが届いたりもして実質仕事5つ分とかが毎週入ってるので、そりゃあ4~5枚に感想が収まるわけもなくて。
で、毎週10枚オーバーの手紙を書いている現状になってる。
文字数にするとだいたい4000字を毎週送りつけてる状態。
毎週送るのとは別に下旬に現場に2回行く分はまた別に書くから、今月だけでおそらくトータル25000字ぐらい送ることになりそう。
ちなみに、私の使ってるレターセットだと10枚超えると重量オーバーで定形外郵便扱いです。
いろんな意味で重いファンでごめんね!!!!!

推しが週3のお仕事の中で、感想があったらとかこれ分かる人がいたらSNSでメッセージくださいって言ってるんだけど、収録当時はまさか毎週手紙出してくるファンがいるとは全く思ってなかっただろうなって。
でもね、このお仕事についてのSNSのRT以外の更新が全くないんですよ。だから、感想を伝えようとしたら手紙しかなくて。 ※インスタのDMという手もあるけどスルーされる可能性を考えると確実に届く手段は手紙しかない

そもそも私の場合は推しへのメッセージはできれば本人(と関係者)にだけ見て欲しいって思ってるから、SNSでのコメは送りはするけどあんまり合ってなくて。字数制限とかタイムアタック的なとこ(見るのが遅すぎたら既に次の更新があって前のものに対してコメ送りにくいとか)もあるじゃないですか。同担には見られたくもないけど強制的に見られてしまう環境なのもアレで。
手紙だと好きなタイミングで好きなだけ書けるから性に合ってるんですよね。長すぎるのは本当に申し訳ないけれど。
ただ、推しもデジタルより紙媒体の方が好き、手紙は何枚でも嬉しいって言ってるからその言葉を信じて送ってる。

こわいことに、今週はまた推しが妖怪として出ることになったので、週末に書く手紙がさらに2枚分ぐらい増える。 ※また出てくれるとは全く聞かされてなかった(でも嬉しい)
しょうがないよ、楽しくぶっ飛んだ演技をしている推しが大好きなんだから。
あと、番組自体が推しが出てなくても普通に面白いです。平日深夜にゆるく楽しく見れるのが良い。
これに加えて別の仕事の情報解禁もありそうだから更に手紙の枚数がプラスされそう。
もっと言うと週末の現場に持っていく手紙は確実に10枚では収まらないことが確定しているので、2通で10000字ぐらいになってしまう気がする。

週3のお仕事がなくなったらさすがに毎週は送らなくなるから、私は妖怪から人間に戻れるかもしれない。
でも、来月は接触7回あるんだよねーーーーもしかしたらもう少し増えるかもしれないし。
もちろん接触のない仕事もいくつかある。
となると、手紙を送るペースは今月とあまり変わらないのかも。
はやく人間になりたい!!

接触を重ねるごとに減る言葉、増える気持ち

最近、接触についての記事を見ては次の接触の参考にさせてもらおうと思いつつ、直近で起こった接触での悩みと、これからどうしようっていうのを吐き出したくなったので書きます。

タイトルそのまんまなんですが、接触を重ねるごとに言葉数が減っています。推しではなく、私の。
先に言っておくと、私の気持ちが冷めたとか推しから干されたとか即はがされたとかではないです。

一年前の初めての接触時は質問をしつつも推しが楽しめる会話にしようと思って、緊張しつつも笑顔でいれたし、推しも笑いながらも真面目に答えてくれた。
慣れてきた今年の夏の接触ラッシュでも、推しと私にしか出来ない会話で盛り上がれたし、推しも前に私と会話した内容を覚えててくれたりして、すごく楽しかった。

…が、先月あった4回の接触では伝えたいことを全然伝えられなかった。そのことをこのひと月ぐらいずっと、もっと他になにか言えたのでは、でもあれがベストだったのかもしれないってぐるぐる思い悩んでしまってて。

なんで伝えられなかった…というか、伝えるべきじゃないと思ったかというと、その接触の時の推しが明らかに疲れてて、いつものように会話をするより早く仕事を終えて休んで欲しいって思ってしまったから。

接触の最後に2ショットを撮ったのだけど、いつもは私から声をかけてたのに、その時は推しから声をかけてくれた。でも、声が今まで聞いたことないレベルでガチで疲れて果てている声で。でも、私を認知してくれてる上ですごく優しい言葉をかけてくれた。
ただ、その言葉を聞いて一番最初に思ったのが、舞い上がって嬉しくなったとか(ないわけではなかったけれど)、いつもの「推しの笑顔が見たい」ではなくて、「推しの仕事を1秒でも早く終わらせなきゃ」だった。
結果、4回とも、10字にも満たない、本当に一言だけを返してその場を去った。
顔だけでも笑顔で、イベント楽しかったよって表情が出来ていたら良いのだけど、この時は本当にやばいと思ったのでちゃんと出来てたかどうかは自信ない。
ただ、同担何人かがSNSで上げてたこの時の2ショットの推しは全部顔が死んでた。笑顔ですらなく、真顔のものも多かった。空調が良くなかったことも災いして、私の気のせいではなく、推しの体力気力は本当に限界超えてたんだと思う。

この時のやり取りが嫌だったとかではない。
ポジティブお花畑脳で考えるなら、私には弱いところを見せても大丈夫だと思って甘えてくれたのかな、と思わなくもない。
ただ、それならそれでもっと気の利いた返しが出来たのではないかとか、いろいろ考えてしまって。

それにこの接触以降、接触だけじゃなくて、推しのSNSへのコメントもなるだけメインで伝えたいことだけが伝わるように、出来る限りコンパクトに、って今まで以上に思うようになった。推しはこの接触以降はさらにハードな仕事を来月までずっとしているので、送るなら重くないものの方がいいんじゃないかって思って。

結果、伝える言葉がどんどん減って、推しを心配する気持ちだけが増えていってしまってる。
それはそれでお前は推しのなんなんだ?みたいなのも自分に思ったりで。

推しの負担を考えれば仕事に専念して、寝れるだけ寝てもらうのが一番いいと思うから、ファンからの言葉を読む時間があるなら1分でも多く寝て欲しいって思ってしまうんだけど、推しはそのファンからの言葉をものすごく励みにしてるタイプなので、送る方がいいのかなあどうなのかなとか。でも休んで欲しいのも事実で。

そう思いながらも、手紙だけは今までと変わらない量を送ってる。むしろ、接触で伝えきれてないことも伝えるようになって増えたかも。手紙なら推しの好きなタイミングで読めるし、重ければ処分することもできるからまだいいかなって。でもさすがに封筒に今回の手紙は読むのに○分ぐらいかかるからお時間のある時に読んでください的なことは書くようになった。
ただ、今月は推しの現場以外での仕事がめちゃくちゃ多いから毎週事務所に感想を送ってる。多いし重くてごめんね。もういっそマネージャーさんが先に読んで、読ませてもいいと思ったら推しに渡す、ぐらいでいい。 ※というか事務所に出した手紙やプレゼントは全部マネージャーさんや事務所の人のチェックが入ってると思ってる

話がそれてきた。
こういう感じで日々推し事してたんですが、来月、推しの接触が1つ増えました。
スケジュール的に先月の接触以上に推しが疲れてることが予想される状態なので、どういう言葉をかけたらいいんだろう。
色々言いたいことはあるのだけど、きっと当日の推しの表情を見て、その場で思ったことを伝えることになるんだろうな。
できれば、推しの疲れが少しでも和らぐような言葉を送りたいです。
いつも推しから幸せだけでなく、癒やしももらってるから、私も癒やしを返せるようになりたい。
願わくば、推しにとって、信頼、安心、ほっとできるファンというイメージをもってもらえるように動きたいな。

推しのパーソナルカラーと骨格タイプが分かった話

私はパーソナルカラーと骨格診断を信じてるタイプなので、推しの情報もずっと知りたかったのだけど、この度ついに(私の中でではあるけど)判明しました!やったー!
これで推しに似合う服やアクセサリーを選んでプレゼントできる!! ※推しが気に入るかは別として
これからライブ、接触、誕生日、バレンタインと続くので今のうちに分かって本当に良かった~~~!!

■タイプの判別方法について
単純にそれぞれのカラー・タイプの典型的なものが似合ってるかどうかを見るってだけの話です。

骨格タイプについては以前、おしゃれな共演者がこのタイプの服を着たら右に出る者がいないから毎日着て欲しいって絶賛してたし、私も前からそのタイプの服はめちゃくちゃ似合うと思ってたからおそらく骨格タイプはこれだろうな、とは思ってた。

ただ、パーソナルカラーの方は2つまで絞り込めてたけど自信がなくて。2ndカラーもそこそこ合うタイプだと結構どっち?ってなりません?推しはそれに近かった。
でも、数日前に上げられてた、どっちか迷ってたうちの片方のパーソナルカラーにしか似合わないカラーの服が似合ってなかったんですよね。

決め手は直近に更新された写真。盛っていないけれどナチュラルに整えられていて、肌も舞台の時のように塗りたくってなかった。その上で、もう片方のパーソナルカラー・特定の骨格タイプの人にしか合わない服を着ていて、見事に似合ってた。
最後に生で推しを見た日も、似合うパーソナルカラーの色味の服を着てて、今日のコーデすごくいい感じだなーと思ってたのが気のせいではなくて良かった。
あと、以前から推しが特定の色味の服を着るたびにめっちゃ似合ってる!ってコメや手紙送ってたのが、パーソナルカラーどんぴしゃだったからそう見えたのであって、見立ては間違ってはなかったっていうのも分かってほっとした。もし似合ってない色味の服を褒めてたら申し訳ないってなるじゃないですか。悲劇が起きてなくてよかった。

ただ、ある程度似合うものが分かるようになったのはいいけど、推しの好きな服の系統が推しの骨格タイプと違うんですよね。
自分もそういうのあるから気持ちはわかるだけに、どうしよーーーーーーって。
せめて推しが好きな色でなおかつパーソナルカラーに合う色味のものを贈る方向でいきたいな。
次に会うまでもう半月ほどしかないから気合い入れて色々見繕おう。


って思ったけど服じゃないプレゼントをもう既に2つ買ってた。今後に活かす、絶対活かす。

よさこいアイアとキャス変の思い出

推しが出来る前の、純粋に2.5次元おたくだった時の思い出話です。

 

今日、とある舞台の発表があったので、関連した過去の作品のことを思い出してた。

記憶が確かなら、おそらく初めてよさこいの時期にアイアで公演をやった舞台だと思う。

 

その舞台のチケットが取れた公演がたまたまよさこいと被ってた。

よさこいと被るよ!って情報は後出しだったと思う(けど数年前の話なので記憶がおぼろげ)。普通ならガチギレ待ったなしだけど、この作品の原作そのものがはちゃめちゃにぶっ飛んでいるのと、舞台のシリーズそのものが一つの区切りを迎えた後だったので、何かよく分からないことになってるけど面白いハプニングだと思えばいいか、ぐらいに私も周りも思ってた。

 

実際の公演は、まじでよさこいがメイン。小声の演技は本当に聞こえなくて、真面目な舞台なら途中で帰る客がいてもおかしくなかった。

でも、良かったのが、作中でお祭りシーンがあって。それとよさこいがいい具合にマッチして、いつも以上に賑やかなお祭りになった。キャストも、いつもより賑やかだなあ~!!ってアドリブを入れてあえてテンションを上げてきてて。そこは本当にあの作品だからこそマイナスにならなかった部分だったのが救い。

それでも、バトルやシリアスな場面はよさこいでかき消されちゃったから、文句なしに良かったとは言えないのだけど。今思えば、作品の賑やかなノリとそのノリが好きなファンがいたからこそ暴動が起きなかったことだろうなあ。

 

どちらかというと、私の中でのガチギレ案件はよさこいではなく、千秋楽で大好きだった主役が泣きながら挨拶をして、その数時間後(数日後だったかも)に主役キャス変での新作発表があったこと。

その時の涙が、感極まった感じじゃなかったから、すごく不穏な空気を察知した状態で帰路についてた。そしたらキャス変の発表があって。

主役交代自体は初めてではなかったけれど、今までは全員とはいかなくても卒業式をしてもらえてたりしてた。私の大好きだった当時の主役は、歴代の主役がなし得なかった超絶スキルを披露してくれてて、原作好きとしては再現度の高さにただただ感動したし、原作のキャラのことを深く理解された上で演じられていて、本人の発信する言葉からも愛が伝わってきてたから、ずっとこの人に演じて欲しかった。評判も良かったから、もし卒業するとしても卒業式があるものだと思っていた。

でも、突然のキャス変で、卒業の挨拶もさせてもらえなくて。なにより本人が望んでいない形だったのが一番堪えた。

 

この方が推しって人が読んでたら申し訳ないんだけど、事務所の都合で抜擢された次の主役は、明らかに無理して演じているのがすごく分かったし、トークショーやカテコ途中退場とかも一度や二度ではなくて、本当にこの役に向いてなかった。それだけに、私の好きだった前代が続投だったらこんなことにはなってなかったのにってものすごく思った。

でも、この人は卒業の前に観客に発表する機会もあって、卒業式もしてもらえた。それが一番しんどかった。せめてポジティブに考えるなら、キャス変の時に卒業の発表と卒業式はして欲しいって声が一定数舞台サイドに来てた上での計らいだったんだと思いたい。

 

この頃は原作側も舞台側もこの事務所やレーベルに振り回されていて、公式イベントもひどかったので(声優ではなく原作に一切関係ないレーベルの歌手の謎イメージソングで記念イベントの半分を使われたり)、私もこれ以上お金を落としたくないと思って、ジャンルそのものから去ってしまった。

 

それから何年か経って今日、よさこいアイアの作品(厳密には作品の半分)が新たに舞台化されると知って、当時の主役が懐かしいってつぶやいたから、私も色々思い出してしまったという話でした。数年前の話なので、事実と食い違うところがあったらごめんなさい。

 

ちなみに、私の好きだった主役の役者さんは別の2.5次元でも原作の技の再現度がすごくて絶賛されてた。あの技を一度もミスせずに出来るのはこの人しかいない。本当にすごい。

2.5次元以外の作品でも素敵な演技をされるとても素敵な役者さんなので、ゆるくではあるけれどこれからも応援していこうと改めて思いました。