笑う推しには福来る

推しに人生を変えられた人の雑記帳

自己紹介と推しのこと

はじめまして。

推し事の過程で情報収集していたら、若手俳優を推している方々のはてブロにたどり着いて今まで色々参考にさせてもらったので、私も推し事のことでなにか情報発信ができればと思ってブログ開設しました。

推しの名前は出しませんが、見る人によっては推しのことも私のことも誰か分かると思うので、もし分かってもどうかそっとしておいてください。

自己紹介と推しのことについては続きから。

続きを読む

新作発表と推しに認知されていることによるファンサのある2.5での悩み

新作発表されましたね!
推しの仲良しな方が結構出るので、発表直後に推しの喜んでいるところが見れて嬉しかったです。

今回の新作は推しはおそらく出ないとは思っていて、案の定出なかったのでほっとしました。
年末のお祭りにまた出て、今回の新キャストと仲良くしてるところが見れたらいいな。

ほっとした理由が、タイトルのことになります。
見る人によってはブッ刺されそうな内容かもしれませんが、私にとっては本当にどうしようもないことなのでこの機に吐き出します。

このブログを開設して半年経ちましたが、推しとの関係も半年前とはだいぶ変わりました。
舞台も接触もとにかく行きまくったことで、ドキドキしすぎてまともにしゃべれなかった頃が嘘のように毎回ふざけて笑いあえるようになって、私のそんなことまで知る必要ないでしょ!?ってことまで知ってくれるようになったりしたのは純粋に嬉しいです。

ただ、この作品で、推しの演じている『キャラ』からは二度とファンサをもらえなくなりました。

干されたって意味じゃないです。
推しが私にこの作品でファンサをくれる時、『キャラ』じゃなくて、『推し本人』の顔になっちゃうようになったんですよね。

これは、他の役者さんだったらキャラを貫いてくれる人も確実にいると思いますし、他の作品(客降りやうちわ振るようなライブがないもの)なら推しも役を貫いたままひっそりファンサをくれることはあります。
でも、私の推しはいつでも完全にそれが出来るタイプではなかった。

客降りで私に気づいた時からもう『推し』の顔なんですよ。そして、うちわに書かれたものに対してでなく、私を見つけたぞっていうファンサをされたこともあります。その時はおそらく、うちわもちゃんと見てなかったんじゃないかな。

推しを推す前から原作のキャラのことが好きだったし、推しから初めてファンサをもらった時は『キャラ』としてもらえたので、今はもうその顔、そのキャラとしてのファンサじゃないって分かるんです。 
それで、原作や2.5を純粋に好きなら、役者からの認知は逆にネックになることもあるんだなって理解できました。

だからといって降りるとかではないです。
推しがその役を卒業しても、ずっと追いかけます。
ただ「役者本人に全く認知されていない状態で、『キャラ』からファンサをもらいたい」っていうのは、原作とこの2.5作品そのものが好きなだけにどうしてもあって。
推しのことは変わらず好きだし、このことを本人に伝える気も変わってほしいわけでもないけど、それとは別に、好きなキャラから二度とファンサをもらえないっていうのはどうしてもショックで(キャス変したら役者のキャラの解釈によっては推せなくなる可能性があるからあくまで今の状態で)
そこに気づかなければ良かったな、って思った。
でも推しを推す前から原作とそのキャラのおたくだから気づいてしまった。

幸い同担拒否ではなくなったので、年末のお祭りに今年も推しが出てくれたら、推しが私に気づかず、近くにいる同担を見つけて『キャラ』としてファンサをしているところを見て、周りと一緒に黄色い声をあげることができたらいいな、って今は強く思います。

そういうことをこの数ヶ月ずっと思っていたので、今日発表された新作に原作で好きなキャラが出てくれることになったことで「役者本人に全く認知されていない状態で、『キャラ』からファンサをもらえるチャンス」がやってきたことに素直に嬉しくなったのでした。
そのキャラが近くに来てくれるかは完全に運ですが、ファンサくれなきゃ死ぬ病に罹っているわけでもないので、もらえたらラッキー、もらえなくても周りがファンサもらってる様子を見て楽しめたらいいなって思います。
新キャストがどんなファンサをするのか、毎回楽しみなので。

本編もこの間までやってた再演の続編がきそうなので、絶対に面白いし、確実に泣く。
なんていうか、推し関係なく、この作品のファンとして新作を楽しみにできていること自体が嬉しくて、わくわくしています。

ここまで書いたけど、チケットがご用意されなきゃペンラもうちわも劇場で振れないので、神頼みも友人頼みもしつつ、争奪戦頑張ります。
絶対にご用意されるんだ!!

推しからの認知の先のこと、同担への劣等感が消えたこと ~2019春リリイベ思い出話〜

約3週間にわたる、推しの2枚目のCDのリリイベラッシュが終わりました。

最後のライブのスペシャルゲストさんがノーギャラだったと聞いて、ライブ終了後すぐに恋風邪買いました(ちなみに過去に出されたCDは既に持っているので、今すぐに課金できるのがこれだけだった)
ガチだったとしたら、2部とも出演して最高に盛り上げてくださったのに本当にすみません…。今度は推しがスペシャルゲストさんに仕事で恩返しできる機会がありますように。

恋風邪、明るくてかわいい、素敵な曲ですね!今の季節にぴったりだと思いました。
次の新曲も出されるみたいだから、また買わせていただきますね。


ここからは今回のリリイベの思い出話。最初のライブの話より下は認知関係のことが多めです。

・3度目のライブのこと
推しとスペシャルゲストさんのフリーダムなトークとライブで会場全体がものすごく盛り上がって、最高だった。
デビュー曲、もっとアダルティな雰囲気になると思ってたんですよ。そしたら2人とも自由にのびのびとしていて、笑いの絶えない楽しいライブになって。予想外だったけど、すごく面白かった。
2人とも、その場にいる観客を全力で楽しませようっていう思いがものすごく強いから、パフォーマンスや考え方の違いはあっても根っこの相性がいいんだと思います。
スペシャルゲストさんのおかげで生き生きとした推しを見れて本当に良かった。

正直、2年前の推しだったら、こんなに盛り上げることはできなかったです。
過去にスペシャルゲストさんのライブやファンサを生で見たことがきっかけで、推しのライブパフォーマンスがものすごく化けたところがあるので。
だから、スペシャルゲストさんには感謝してもしきれないです。本当にありがとうございます。
また感謝課金させてください。


・地方のリリイベ
今回は地方では1回しかなかったのだけど、前回その地方でやった時よりも、遠方から来ているファンが倍以上増えててほっとした。
しかも、推しは認知している人に対しては、どの人がその地方じゃないところから来ているかも一人ひとりちゃんと把握していたんですよね。
毎回ヘアメをすごく頑張っているきれいな同担が、かなり来にくい地方から来ていることが分かったりして、本当に愛がないとできないことだって思ったりした。
推しもそういうのを分かってくれてるから、遠方から来ているファンに対していつも以上に気にかけて優しいありがとうを伝えてくれたり。もちろん、地元のファンに対しても普段会えないだけにとても優しい。
地方イベントでの推しは東京で見るよりも柔らかくて普段以上に好き!ってなるから、これからもこの地方でやってくれるなら絶対行きます。


接触での見た目のこと
今回のリリイベ全部、髪型も服装も違うテイストで行ってみたんですよね。
シルエットでは私だとわからないこともあるぐらい今までと違う系統の見た目の日もあった。
見た目全く違ってても推しは私のことを一発で見抜いてくれるのかな、どんな私でも私だって分かってくれるのかな、って、ふと、試したくなってしまって。
クソめんどくさいファンな自覚はあるのだけど、気になってやってみてしまった。

結果、全部一発で分かってくれたし、なんで今回のリリイベは毎回そんなに変えてるの?ってつっこんでくれた。
いつも来てくれてるのわかるよ、見てるよっていう答えが欲しかったのかもしれない。
実際に、それ以上の答えをもらえて、推しに会いに行く時は自分が好きで似合う服装をしていようって答えが出た。
見た目じゃなくて、中の、推しのファンである私自身を知っていてくれてることに安心できた。

そういう返しを求めてしまうこと自体、自分を認識して欲しいっていうとても危険な考えだとは思うのだけど。
認知されたあともファンだと思われてるのかも含めて、確かめてみたくなってしまった。
これからは試したりしません。ごめんね推し。


接触での話のこと
これもクソめんどくさいファン心理が炸裂してしまって。
最後のリリイベの握手会で、ファンからの言葉を一字一句聞き漏らさないよう真剣に聴いて、感謝の気持ちを伝えている推しの姿をずっと見続けてたら、めちゃくちゃ不安になってしまった。

というのも、私との会話は、推しからギャグを言われて私が笑って終わる、みたいな感じが定着してたので。
私だって推しのこと本気で応援してるし、真面目にファンやってるって分かってくれてるのかなって、ぐるぐるしてしまった。

不安がピークになって、手持ちの残りの参加券全部つぎ込んだ最後の握手の時に、推しの目をまっすぐ見て、真面目な顔で「直接伝えきれないことは全部手紙で書いてるけど、会ってる時も本気で応援してるからね」って伝えてみた。
推しは私の雰囲気がいつもと違うことにすぐ気づいてくれて「分かってるよ、全部見てるよ」って真剣な顔で返してくれた。
その上で、二人にしかわからないギャグを言って、結局、いつもどおり私を笑わせて終わった。

それで、この「全部見てるよ」が本当なんだって分かった。
というのも、私は手紙でいつも、推しのギャグが好き、これからもたくさん笑わせて、って書いてるんですよね。これは接触で直接伝えたことがない。
推しはそれを読んだ上で、いつも私を笑わせてくれてたのだ。
私にギャグを言うのは、推しなりの、私へのありがとうの伝え方だったんですよね。

今回のCDの各種インタビューでも、推しは、大事な気持ちは直接伝えられないタイプだから、今回歌にしてみたって言ってて。
そういうタイプだって読んで理解してたつもりだったのに、分かってなかった。
それどころか、同担と違うことをされてるって、勝手に不安になって。
もうほんとクソめんどくさいファンでしかない。

ただ顔を覚えてもらってるだけの認知じゃなくて、私が推しのどういうところが好きかまでちゃんと把握してもらった上で、私が一番喜ぶ対応をしてくれていた。
神対応じゃなくてなんなのか。
もちろん、こういう風になるまでに積み上げてきた手紙やメッセージ、実際に会ってきた回数があってのことだけど。
その他ここに書けないことも含めて、ファンとしては十分大事にしてもらえてるっていうのがわかったイベントだったので、感謝しかないです。

でも、私がただ推しを推したくてファンをやっている、っていう根本の気持ちは忘れないでいたい。
今回は推しにいろいろ求めすぎてしまったし、それを倍以上にして返してくれただけに、感謝以上に申し訳ないと思ってしまったので。
生きてて会える人を推すって、こういうことも思ったりしてしまうんだと痛感しました。


・同担のこと、自分なりのファンとしてのこと
推しに大事にしてもらえてるっていう実感があったおかげで、同担に対しての劣等感も消えました。
今までは、課金額にしても会いに行ってる回数にしても上を見たらきりがなくて、私は推せているんだろうか?って不安や劣等感が結構あったんですよ。
でも、今回のリリイベ通ってて、鍵閉めやれたり、間違いなくそのイベントで一番課金したのが自分だったのがわかることがあったので、全力を出し切って推すことができた。
TOになりたいというわけではないけれど、課金をして現場に足を運んでいるファンだって自分なりに自信をつけられたのは大きかったです。
推しにもそのことを分かってもらえてたし、そこまで課金をしているわけでもないイベントでも、来てくれたこと自体が嬉しいという反応をもらえた(そういう反応自体は前からもらえていたのに、劣等感が上にあって、素直に喜べていなかったけど今回はスッと受け入れれた)から、変に劣等感を抱いたり無茶な課金をする必要はないんだって分かって、心が軽くなりました。

これは私の想像ですが、推しの音楽活動を素直に喜べている、音楽活動を始める前からのファンって、かなり少ないんですよね。
リリイベに来ていても、音楽活動に対してネガティブなことを言ってるアカウントいくつもあるし(そんなこと言ってるアカウントでよく推しにリプできるなって思いますが)2.5もストレートも来て、写真集やCDのリリイベにも足を運んで、足を運ぶだけでなく、よかったよ!って接触以外の手段でも伝えているファンは、想像以上に少ないのではないかと。
だからこそ、そういうファンのことはとても大事にしてくれるのかなって。
そこまでやってるんだから大事にしてほしいとかされて当然だなんて思わないけれど、本当に見たくて足を運んだり、良かったから感想を伝えているので、そこは最大限に伝わるようにこれからもきっちり伝えていこうと思いました。
大事にされているならされている以上に私だって推しを大事にします。されてなくたって大事ですが。

あと、同担に自分から話しかけたりすることは今後もないけれど、同担に対してネガティブな気持ちを抱いて現場にいるということももうないです。関わりはしないけれど、拒否ではないというか。
これからは、その場にいる全員を幸せにして帰すことができる推しは最高だなって気持ちでいます。



勝手に不安になったりはしたけれど、最終的には推しのおかげで吹っ切れて、今まで以上に全力で推そう!と思えるイベントで良かったです。
推し、いつもありがとうね。
これからもたくさん笑わせてね。

2度目のライブと何度目かのサイン会

推しが音楽活動続けていくとしたら、いつかどこかのイオンモールの3Fぐらいまで吹き抜けのステージでライブやったりするのかな、なんて思ってたんですが、今日はまさにそのとおりの場所でのライブでした。

フリーライブとはいえ、たった1曲しか歌わなくて、しかもまだCD発売前だから予約イベントっていう、実質その後のサイン会メインのイベントでしたが、久々に自分の曲を歌う推しが見れて良かったです。
来月のライブでは、デビュー曲を一緒に歌ってくれたあの人がスペシャルゲストとして来てくれたらいいな。

サイン会では推しだけでなく、マネージャーさんともいろいろお話できて嬉しかった。
事務所に送ってる手紙をいつも推しに届けてくださっていることへの感謝も、やっと直接伝えることができた。
今回はマネージャーさんがループしてた人ほぼみんなと気さくに話されてたから、推しのガチファンは似た空気を持つ方が多いのかな?って思ったり。
さすがにやばいオーラを放ってるリアコとかに対しては険しい感じでしたが。

推しと話すのは、このブログを始めた5ヶ月前(2018年10月ぐらい)はまだものすごく緊張してドキドキしていたのだけど、今はすっかり慣れました。
ほぼ毎月会ってたらさすがにね!
緊張だけが取れて、嬉しい!幸せ!っていうのは変わらず、むしろ増えてるぐらい。何故なら推しが毎回レベルアップしてて、満足度がいつも前回を上回るから。

慣れたのは多分推しもで、私が接触では言ったことがなくて手紙にしか書いたことがない、私の好きなものとかを覚えていてくれて、そのことについて私が触れてないのに推しから情報をくれたりするようになった。
私が送った言葉をずっと見てくれてるだけでも嬉しいのに、覚えてくれてるなんて。
好みや価値観の似た人との情報交換って大好きなので、私も推しにいい情報を提供することができるようになりたい。
今日は私も情報提供することができて喜んでもらえたので、これからもいろんなものに対してアンテナ張っておこう。
それは推しとファンの関係性なのか?ってちょっと疑問に思わなくはないけれど、推しの仕事に対してここが良かったよ!っていうのを最初に伝えた上での話です。
仕事に対してのことは接触じゃ伝えきれないから、これからも手紙で伝え続ける。

最後にサインしてもらった時は、推しもマネージャーさんも私も空腹の限界で、多分他の(特に完璧を求めるような)人に対して同じことをしたらショック受けて降りられてもおかしくないぐらい、ぐだぐだになって、それが逆に楽しかった。
弱音を吐いたり、そんな空気になっても私だったら大丈夫って思われてるからセーフだったと思うので、ファンを続けていてそういう関係になれてることが嬉しい。
…って、私もご飯を食べて落ち着いた今だから言えるけど、やられた時は私も脳みそ全く回ってなくて、ただただ爆笑してた。
前から思ってたけど、マネージャーさんも推しとは別の部分で天然なとこありますよね?かわいい。
推しもマネージャーさんも推せる。

4月初旬までリリイベが続くので、推しもマネージャーさんも体には気をつけてやりきれますように。
私も仕事を最速で片付けて、これからのイベント会場にも足を運びます。
推しが主演の舞台も無事にチケ取れたし、今年の半分は毎月推しに会えるのが確定したから、いくらでも仕事頑張れる!

推しの主演舞台の告知がきた

タイトルそのまんまです。

ついに、推しの主演舞台の告知がきました。

推しを推してから2年間、ずっとこの日が来るのを待ってた。
告知を見た瞬間、声にならない声をあげて泣いてしまった。見たのが自室で本当に良かった。
嬉しい。ただただ嬉しい。
まだ泣きじゃくりながらこれ書いてます。
推しの出る別の舞台が明日じゃなくて明後日で良かった。たとえ嬉し泣きでも泣き腫らした目では会いたくないから。
でも早い段階で手紙でおめでとうを伝えられるタイミングに恵まれて良かった。

ドラマは去年主演があって、それもとても良かったのだけど、やっぱり生で推しが主演を張ってるところが見たくて。
今回決まった主演舞台は、私が気になってた劇団なのもあって、作品そのものも純粋に楽しみ。

とりあえず、泣きながらでも、どうやって全通するかと劇場近辺でいいお花屋さんがないかを速攻調べはじめてます。
お花NGじゃないことを祈る。

でも私が全通することよりも、推しが健康でいてくれることが何より一番大事です。
去年末も限界超えて働いてたのに、年が明けてみればその時よりさらにハードなスケジュールをこなしてて。
あまりにハードすぎてこっちまでしんどくなっちゃったりして、ブログの更新も途絶えてました。
今だって来週末まで台本3つ抱えてて。心配にならないわけがない。
心配しすぎて、無病息災を叶えてくれることで有名な神社にお参りに行ったりもした。
本当にどうか、推しが元気に仕事を続けられますように。

ファンはただ推しの健康を願って、ポジティブな言葉を伝えて、現場に足を運ぶことぐらいしかできないけれど、ファン側がそういうアクションを起こしたことで少しでも推しが仕事頑張ろうって思える流れになれてるといいなと思いつつ、来月始まる主演舞台のチケット争奪戦に全力で挑んできます。

2019年現場始めと推しの誕生日後の初仕事の話

今年まだ始まって10日なのに、もう既に推しからたくさん幸せもらいすぎてて脳みそが追いついてないです。
そんな2019年の現場始めと推しの誕生日後の初仕事の話です。

■2019年現場始め
推しの誕生日前日の接触だったので、あけましておめでとうございますとお誕生日おめでとうございますを直接伝えることができて良かった。

接触の時に私から聞いたわけじゃないのにあちらから弱いところをさらけ出してくれて、推しのかっこいい以外の部分も好きっていうのをずっと伝えてるのを分かってくれてるんだなって思えて、心配にはなるけれど嬉しくもあった。
いいところもそうじゃないところも全部ひっくるめて、推しの今を知ることができたので、会いに行って良かったです。

あと、やっぱり推しは一人ひとりをちゃんと見てて、この人に言ったら喜ばれる言葉でも、別の人に言ったら失礼に当たるから言わない、とかを分かっていることがすごいって改めて思った。
推しのファンでいれて幸せだなって思えるイベントでした。

ただ、わがままを1つだけ言うなら、体調が万全で疲れてない状態の推しと接触したいです。
去年は一昨年以上にハードワークすぎだったから、そう遠くない未来に倒れてしまうんじゃないかって心配で仕方ない。

でも、そんな万全じゃない推しに心配されたり、無理しないでって言われるようなことはないように推していたいとは思う。
無理はしない。多少してたとしても推しに言わない悟らせない。楽しいよ!ってことだけ伝える。
推しの笑顔が見たいから、顔を曇らせるような言動はこれからもしない。


■推しの誕生日後の初仕事
生放送でした。1時間半ずっと楽しいお話を聴かせてくれて、つくづく推せる!って思った。
衣装もかわいければ、ちょいちょい訛るところもかわいい。とにかく推しがかわいかった。

前日から重大発表って告知されてたのは待ちに待ってた2ndアルバムの告知でした。
もうデビューの告知の時みたいなショックは受けなかった。純粋に嬉しかった。
前作と同じ制作陣ということで、安心して発売を待てます。
リリイベもきっとあると思うから、続報を楽しみにしてる。

特に何が嬉しいって、前作のリリイベライブの映像を2ndアルバムの特典につけてほしいって年末にお願い出してたのと、ここが好き!って何度も伝えてたことがそのまま反映されてたことです。
もちろん、私が声を送る前から決まってたことだと思うんだけど、願いが叶ってすごく嬉しかった。
最近そういうことが増えてるから、送った声が反映されてるのだとしたらありがたいし、たまたま叶っただけなんだとしても推しサイドと解釈が一致してるってことだから、これからも安心して推せる。どっちに転んでも私にとってはwinなので、推しを推しててすごく幸せ。
これからもお仕事への感想は逐一送り続けようって改めて思った。


この2つ以外にも年末年始から推し関連で嬉しいことがいくつもあったから幸せすぎてやばい。
たくさん福をもらえた分、私も推しに笑ってもらえるようなことをしていこう。


今月残りは推しの仕事を見れる機会が今のところなさそうなので、推し事以外のことをいろいろやろうと思います。特に玉集めがやばいので連休中に頑張る。
正月休み中に買ったコスメや美容関連の話とかも書きたいな。
新年早々、幸先いい推し事始めができたので、2019年もハッピーな推し事ライフをすごせますように!

2019年の推し事の抱負

今週のお題「2019年の抱負」
に便乗して、今年の推し事の抱負を。


◆無理せず楽しく推す◆
周囲に迷惑をかけない範囲で推す。
ありがたいことに有休の理由は正直に推し事って伝えてOKもらえる職場なので、やることやらずに周りに迷惑をかけることはしないように、前倒しで進めるなり引き継ぎなり連絡をきっちりしておく。
もちろん、家のことも普段は休日にやってる家事を平日にしたりして、推し事を自由にさせてくれてる旦那をモヤモヤさせることはしない。隠し事ももちろんしない。

推しも、ファンには無理せず長く応援して欲しいって言ってくれてるので、私も推し事以外のことを犠牲にせずに生きる。
今までどおり、全通したいぐらい気になる作品は通えるだけ通うけど、推しの活躍は見たいけど作品そのものに興味があまり湧かないものなどは無理して複数回は行かない。
推しのファンなら全通して当たり前とか、そうしたい気持ちはあったとしても義務のように思い込まないようにする。見ず知らずの第三者の声に惑わされない。
推し事がストレスにならない範囲で、全力で楽しむ。


◆声は送れるだけ送る◆
推しは感想はいくらでも欲しい、それがなによりの活力になるって何度も公言してる人なので、見たものは自分が送れるペースで全部送る。
あと、以前、手紙の量やNGについて直接聞いたことがあって、量については何枚でもOKだけど、幸い私はやっていないことだったものの、これは避けてほしいって言われたことがある。今後もそれはやらずに、推しに伝わりやすい文章を心がけて、気持ちをこめて送る。


◆推しを信じる◆
推しの常識、私の常識、俳優おたくの一般的な常識、同じところもあるけど全部が違うところもあるんですよね。
たとえば、推しがしてほしいって言ってるのに、俳優おたくにとってはありえないことだからやらないっていう選択肢を取ってしまわないようにする。
※もちろん、犯罪だったり他人に迷惑のかかるようなことだったら推しが望んでもしません

推しがリップサービスで言ってることを鵜呑みにするなとかリアルで言われたこともあるけど、もしそれが本当に推しの望んでいることなのに言われた側が信じなかったら一番最悪のパターンにもなりえる。
上で挙げたように、やってほしくないことは正直に伝えてくれたことがあるから、推しからもらった言葉はそのまま素直に受け取るようにする。
ポジティブな言葉を否定したり、捻じ曲げて解釈したり、ネガティブに捉えることはしない。
夢を見させてもらってる時に醒めた態度は取りたくない。いつも楽しませてくれてありがとうの気持ちで推しを見ていたい。


◆推しからの反応を当たり前だと思わない◆
私がなにかしら送ったものへの反応をもらえることとか。それが当たり前だと思わないこと。
いくら推しが反応が欲しいと言っていても、あくまで私が推しになにかを送るのはいいと思ったことを伝えたいからっていうのを忘れないようにする。
もちろん、反応があったらめちゃくちゃ嬉しいんだけど、本来の目的を見失ってそれ目当てで送るなんてことのないように。
あくまで推しが仕事上で最高のパフォーマンスをしてくれたらそれだけで十分なのだ。


◆推しの話をきちんと聞く◆
推し以前に人として当たり前のことなんだけど、接触慣れしてなかった時にせっかく推しからすごく嬉しいことを言ってくれたのに、自分が推しに伝えたいことばかり先行してしまってトンチキな発言をしてしまったのをずっと後悔してる。

先月の接触で、推しから話を振ってくれた時に自分の言いたいことを抑えて推しからの話題に乗っかって会話したら、めちゃくちゃ面白いエピソードを聞けた上に最後に自分の言いたいことも伝えられて、自分から話するよりも有意義な時間を過ごせたから、相手の話をちゃんと聞くことは大事だって心にしっかり刻むことができた。

できれば、話をする前に、表情から推しの状態を察することが出来るようになれたらいいのだけど、推しも役者だから難しいところではある。


◆同担とつながらない◆
つながらないけれど、存在は否定しない。
現場では話しかけられないよう気配を消す。身バレするような言動は慎む。


◆睡眠をちゃんと取る◆
推しの前でやばい顔は晒したくない。
遠征で朝4時半起きでも前日に6時間は寝れるようにする。


一番最後が一番難易度高いですが(主な原因:手紙を書いてて気づいたら日付が変わってる)今年も推し事楽しくやっていきたいです!
まずは週明けの接触で、新年の挨拶と年末年始最高に楽しかったよ!っていうのをちゃんと伝える!

2018年推し事振り返り

あけましておめでとうございます!

元旦の朝4時まで推しが仕事をしていたので追っかける方も必死になりつつ、気づいたら三が日も終わりでびっくりしてます。
2018年のネタを引っ張るのはこれで終わりにして、次の記事からは今年のことに目を向けたいです。

というわけで、2018年推し事振り返りです。推しがたくさん仕事してたから予想以上に長くなりました。

◆1月◆
・誕生日
推しを推しだしてから初めての誕生日プレゼントを贈った。
正月休み中にちょっと遠出して入手したものを。
入手ついでに推しの役にゆかりのあるところへお参りも出来たので、いい思い出になった。

・推しの出演舞台観劇(2月初旬まで)
原作の雰囲気を大事にしている2.5で、好きな人は好きな作品だと思った。
推しは、自身の演技というより、初演の時の役者さん(推しと仲良し)の演技を再現することに注力していたように見えた。

◆2月◆
・バレンタイン
チョコが大丈夫になったって言ってたからチョコを贈ったのだけど、その後やっぱりそんなに好きになれたわけでもなかったっぽいので、今年はチョコじゃないものにする。

◆3月◆
・推しの出演舞台観劇(GW明けまで)
推しの演技がめちゃくちゃパワーアップしてて、初見は本当にびっくりした。
表情のつけ方が今までと明らかに違っていて、ものすごく豊かになってて、推しのファンとしても、この役のファンとしても満たされた。
推しが、この役を自分なりにきっちり落とし込めたのが分かった。
この舞台から推しのファンになった人が多いのもうなずける。特に、個別ファンサされたら確実に落ちるでしょあれは!

個人的に一番落ちたポイントはライブパートのOPの推しの登場シーンです。
推しがトップバッターで1人でこの場の空気を一気に温めることができる日が来るなんて。
ここがとにかくかっこよすぎて、観に行く度に手紙で最高って伝えてた。
シングルCDの特典カードで推し本人もこのシーンかっこよかったでしょって言ってくれてたのも嬉しかった。

推し関係なく、ライブパートの構成は今までで一番良かった。
ミュージカルパートもこれまでの話から続いていることや、ファンの課金がきっちり反映されていたことが嬉しかったし、作品全体のおたくとしても、この舞台を観ることが出来て本当に満足できた。

◆4月◆
・推しのメジャーデビュー発表
そんな気はしてたけど、本当にびっくりしすぎて会社早退して寝込んだ。
同担に限らず、推しの歌を知っている人たちはみんな、正気!?ってざわついてたよね。
でも、推しの好きな音楽ジャンルの系統の作曲家さんに曲を作ってもらえるのが分かったので、きっといい具合になんとかしてくれるだろうとは思った。

◆5月◆
・推しのトーク番組開始
毎月の楽しみが増えて嬉しかった。推しのトーク、本当に面白いんですよ。
トークだけじゃなく、バーテンダーとしてゲストにお酒を作るところも良かった。
おかわりをトークを切らずにさりげなく出すところとか、過去に実際にバーテンダーをやってたから自然にできることだなって。
最後にゲストのオーダーに応えてオリジナルカクテルを振る舞う時も、手つきがめちゃめちゃ慣れててかっこよかった。
8月で一旦終わってしまったのだけど、また来週に再スタートしてくれるのでとても楽しみ。

◆6月◆
・推しのトーク番組第二回
今年はこの時のゲストと一緒にお仕事することがめちゃくちゃ多かったですね。
役とのギャップは若手俳優界でも随一かもしれない。
推しがボケに回れずにツッコミとストッパーに徹して、それでも拾いきれずに折れることもある、ものすごいエネルギッシュな方。
アルコール入れてないのにあれだけ盛り上がれるのもすごい。
ノンアルコールカクテルのレシピをいろいろ知れたのも良かったです。

・デビュー曲初公開
災害続きでふさぎ込んでた時に聞いて、不安が消し飛ぶぐらいすごく良い曲が流れてきて、ほっとして泣いた。
このあたりのメジャーデビュー関連の話はこの記事でいろいろ書いてます。
miyama-oc.hateblo.jp

・主演ドラマ配信
5月までの舞台の大千秋楽の翌朝4時に出発して地方で撮られた作品。無茶にもほどがある。
怖い系の役が似合ってて、人を追いかけている時の背中の迫力がすごかった。
でも、推しの優しい部分も反映された役だったのも良かった。

◆7月◆
・推しのトーク番組第三回
この時のゲストのおかげで推しのデビュー曲がいいものになったので、感謝してもしきれない。
この方もトーク面白いですよね。推しと同年代だからかお互い話しやすそうなのも見てて和みます。
ファンへの対応がとても手厚いし、応援された分、仕事できっちり返してくれる方というイメージなので、推してる方はとても幸せだろうなあと勝手に思ってます。

・推しの出演舞台観劇
推しはこの役を演じる時はがとても楽しそうなので、推しのおたくとしては満足です。
ただ、観劇おたくとしてはこの演出家と本当に合わないので(特に、どの作品だろうが原作で強くて戦える女性を守られる側に強制的に当て込むところが無理)、推しの出番以外はしんどかった。
でも今年もこの舞台の続編ありそうだからまたチケは取るんだろうな。
推しのビジュアルと生き生きした演技は文句なしに好きだから、ストレスを抱え込まない範囲での観劇に留めます。

あと、この舞台のゲリラ握手会で推しからの認知が発覚しました。
その日は接触あるなんて聞いてなかったし、台風が直撃してたから濡れても汚れてもいいような全く盛ってない見た目だったので、本当に本当になんでよりによってこの日だったんだって思いました。
ここから私の中での推し事スタンスが大きく変わって、今に至ります。
miyama-oc.hateblo.jp
今思うと、私があまりに盛ってない見た目だったから、どうしたのって口調で声かけてくれたのかな…。実際に来るの大変だったのが顔に出てしまってたかもしれない。

◆8月◆
・推しの出演舞台観劇
推しを推してから初めて全通した舞台。
推しの出番は少なかったものの、以前から見たいと思っていた劇団の舞台で、ものすごく面白かったので、全通して本当に良かった!

生演奏と主演の方の歌がめちゃくちゃかっこよくて、公演後のサイン会で主演の方に最高にかっこよかったです!って伝えたら、かっこよかったでしょ~!いつもこんな感じのストロングな舞台してるんで、またぜひ見に来てくださいって返されて、かっこよすぎて惚れました。
自分の仕事に自信持ってる方って素敵ですよね。今後また観に行きます。

推しの演技も、全くイケメンな役ではなかったのが新鮮で、推しも楽しく演じているのが分かったのでとても良かった。
やっぱりこの人は自分をイケメンとして売る気がない気がします(褒めてる)
仕事でイケメンを求められたらちゃんと応えるけれど。
面白お兄ちゃんとしてのお仕事もっと増えて欲しい。

・推しのトーク番組第四回
7月の舞台の共演者がゲストだったのだけど、推しが2人のことを好きな以上にゲストの1人が推しのことを好きすぎてやばい。
でも、すごく和やかに楽しくトークをされるので、これからも推しのことをどうぞよろしくお願いしますという気持ちでいつも見てる。
この時のオリジナルカクテルがだいぶパンチ効いてたなあ。

・推しの仲良しさんの出演舞台観劇
気になってた演出家とキャスト揃いだったので、推しの仲良しさんへの感謝課金も兼ねて1公演だけ取りました。
原作を知ってる2.5だったので普通に楽しめました。
2.5初めてって原作ファンが結構観に来ていて、休憩中にひたすらすげーすげー!!って興奮しながらトークしているのが周りから聞こえて、私が舞台観るの楽しいって思ったきっかけも同じ感じだったなあと思い出して幸せな気持ちになったり。
あと、この演出家はいつも歌の上手い役者を揃えてくるから、歌パートがすごい。生で聴けて良かった。

・推しのメジャーデビューCD発売とイベント諸々(9月初旬まで)
推しにとって特別な日をお祝いできて本当に良かった。
ライブも観客を全力で楽しませてくれて、この人のファンで良かったって心の底から思えた。
地方でのイベントも、推しの地元トークなどが聞けたのが嬉しかった。

あと、入ってて良かったradikoプレミアム。
ラジオが一日に4回って日があったりして、追いきれないこともあったので。

この月は推しはとにかく忙しかったと思うけど、全部楽しませてくれたので、会いに行けて良かった。
私も全部会いに行ってるから体力よく持ったなって思うのだけど、いつ仕事してたんだろう?仕事も忙しかったはずなんです。
いや、仕事よりもいつ休んでたのかの方かな。ひたすら飛び回ってた記憶しかない。

・有名作品の舞台化と推しの出演告知
推しを推してて一番びっくりした告知。
ただ、この原作のファンは2.5に馴染みがない上に原作への思い入れが強い人が多いので、推しがこの大役を演じて原作ファンに受け入れてもらえるんだろうかという不安は未だに強いです。
どうか1人でも多く推しのファンが増えるきっかけになることを祈ってます。

◆9月◆
・推しの出演作品のシングルCD発売
前作ではスケジュールの都合で作られなかったのがやっとここで救われた。
MVが最高にかっこよくて、ここの推しがやばいって思うところが他担とも一致してたのが嬉しかった。
特典の動画もアルバムが楽しみになるような内容で、年末まで楽しみが続いて幸せでした。

・企画もの生放送
台風で電車が止まってて、推しがどうやって帰ったのかが心配になる生放送だった。
ダミーヘッドマイクが物珍しくていじりまくってる推しがかわいかったです。

◆10月◆
・円盤リリースイベント1(接触あり)
ランダムポストカード(会場ごとに限定あり)があって、コンプできなかったら病むって思ったのですが、会場限定ものは運良く自引きできてほっとしました。トレードですんなりコンプできて本当に良かった。
でもランダムものは発表された瞬間からメンタル削られるから勘弁してほしい。
好みじゃなければ全然頑張らないんですけど、この円盤出してるところはいつも好きなタイプの推しの写真を出してくれるからどうしても全部欲しいんですよね。普通に売ってほしい。

トークは終始お腹が痛くなるぐらい笑い倒してました。
2日目は推しも共演者も明らかに前日の疲れが回復してない上に空調が効きすぎてて極寒だったから接触の時辛そうだった。
この後、言葉をどうかけたらいいのかなって悩んだりしてたのがこの記事。
miyama-oc.hateblo.jp

・円盤リリースイベント2(接触なし)
こっちはこっちで前日の夜遅くに北海道での仕事を終えて、早朝に会場入りというハードなスケジュールで、推しが心配になった。
役者もファンもオールスタンディングで、1部と2部の休憩が40分ぐらいしかないイベントで、あの場にいた全員が体力の限界を試されていた。

でもこの時のトークもすごく面白かった。
推しより若い共演者ばかりだったので、最年少の共演者とのジェネレーションギャップに戸惑う推しを見れた。かわいかったです。
あと、ネタ出ししていいところは自分が一番観客を笑わせてやる!という気概が伝わってきた。
推しのそういうところがすごく推せる。

・ハロウィンオールナイト生放送
あのハロウィン当日の渋谷のど真ん中でこれやるって企画した人シメていいですか?役者の身の安全が保障できないような場所でやらないでほしい。
だいぶ長い間放送が中断したり、当日のタイムテーブルが告知されてたのと全然違ったり、アーカイブ配信あるって言ってたのに結局なかったりで、不満がどうしても出てきてしまう。
来年もやるならせめてもう少し安全なところでお願いしたい。

放送中にエチュードやゲーム大会で推しがガンガン笑わせてくれたのが救い。
深夜だからかわりとあえて事故りにいってたようにも見えた。
放送が中断してしまった時に、推しがとっさに自分のスマホからインスタライブで繋いでくれたのはすごくかっこよかった。
面白かった反面、先月の北海道での仕事の放送部分は真面目だったりで、いろんな推しを見れたのは良かった。
復興支援番組って言うなら別の日の日付が変わらないぐらいの時間帯の方が色んな面で良かったのではとは思う。
楽しかったけど、稽古中の出演者に無茶させないでほしいという気持ちがどうしても一番上にきてしまうのがつらい。

◆11月◆
・ラジオ番組(週3回×1ヶ月)
推しのいろんな情報を知ることが出来て良かったです。知った情報は今後のプレゼントや接触に活かしていきます。
推しも自分でも分からなかった自分自身のことを知れたかな?

・TV番組出演2回
カオスとしか言いようがない作品、キャラでめちゃくちゃ楽しかった。
来月からの舞台化も楽しみ。

・推しの出演作品のアルバム発売
予約特典とブックレットの写真が良い。ひたすら良い。全種予約してて本当に良かった。
シングルに入ってなかった歌も聴けて、お祭りの予習が出来た。

・3年目のお祭り(12月中旬まで)
最高にかっこいい推しを見れて満足です。お祭りとしても過去最高に楽しめた。
詳しくはこの記事に。
miyama-oc.hateblo.jp

この月は推しの仕事が多かったから、ひたすら感想の手紙を書いては送ってた。
毎回推しに届けてくれたマネージャーさんにも感謝。

◆12月◆
・写真集リリースイベント
写真集が最高だったのと、インタビューが衝撃だったのと、接触での推しの対応が神だったので、ひたすら良かったなあという思い出。
miyama-oc.hateblo.jp
写真集は推しを推しだしてからずっと出して欲しいと思ってて。
月刊シリーズの告知のたびに、次こそは推しがくる?なんてすごくドキドキソワソワしてました。
(今だから言えるけど、CDデビューの告知と月刊の告知が同日で、どっちも前日に告知予告があったものだから、私や同担界隈はCDデビューじゃなくて月刊かなって思ってて、違うって分かった瞬間、じゃあ推しは何の告知をするの?ってざわついた)

かっこいい、かわいい推しにもいろんな種類があって、そのいろんなかっこいい、かわいいがたくさん詰まっている写真集だったので、本当に良かったです。

・単独トークイベント
推しからファンへの、最高のクリスマスプレゼントでした。
お祭り以上に、毎年これがないと年を納めた気にならない。
全ての部で去年の倍の箱がほぼ埋まってたのも嬉しかった。
これからもずっとやってほしいです。

あと、カレンダーが写真集と同じカメラマンが撮られていて、こっちは癒やし系の推しで和みました。
自然な感じの推しを撮ってくださる方なので、今後もまた推しを撮っていただける機会があるといいな。

・推しの仲良しさんとの生配信
推しのことが好きすぎる方との生配信。推しからおそろいのパーカーもらって良かったね!
2人とも優しくて穏やかな部分が共通してて、境遇も似てるところがあるから楽しく盛り上がれるのかなって思った。
忙しい方だけど、これからもまた推しとトークのお仕事してもらえたら嬉しいです。

・紅白、CDTV
連日朝早くからリハされてて、紅白ってこんなにハードなんだっていうのを知れた。
全員で歌唱するだけでなく、演歌のプリンスを守ったり、演歌のレジェンドにうちわを振る推しが観れる日がくるなんて思いもしなかった。
かっこいい推しと楽しそうな推しを見て年を越せたことが幸せ。


ここまでで8000字超えてしまったので、推しと関係ない観劇とかは抜きました。漏れはおそらくある。
今年も推しの仕事をたくさん見れるといいな。私もお仕事頑張ろう。