笑う推しには福来る

推しに人生を変えられた人の雑記帳

2018年推し事振り返り

あけましておめでとうございます!

元旦の朝4時まで推しが仕事をしていたので追っかける方も必死になりつつ、気づいたら三が日も終わりでびっくりしてます。
2018年のネタを引っ張るのはこれで終わりにして、次の記事からは今年のことに目を向けたいです。

というわけで、2018年推し事振り返りです。推しがたくさん仕事してたから予想以上に長くなりました。

◆1月◆
・誕生日
推しを推しだしてから初めての誕生日プレゼントを贈った。
正月休み中にちょっと遠出して入手したものを。
入手ついでに推しの役にゆかりのあるところへお参りも出来たので、いい思い出になった。

・推しの出演舞台観劇(2月初旬まで)
原作の雰囲気を大事にしている2.5で、好きな人は好きな作品だと思った。
推しは、自身の演技というより、初演の時の役者さん(推しと仲良し)の演技を再現することに注力していたように見えた。

◆2月◆
・バレンタイン
チョコが大丈夫になったって言ってたからチョコを贈ったのだけど、その後やっぱりそんなに好きになれたわけでもなかったっぽいので、今年はチョコじゃないものにする。

◆3月◆
・推しの出演舞台観劇(GW明けまで)
推しの演技がめちゃくちゃパワーアップしてて、初見は本当にびっくりした。
表情のつけ方が今までと明らかに違っていて、ものすごく豊かになってて、推しのファンとしても、この役のファンとしても満たされた。
推しが、この役を自分なりにきっちり落とし込めたのが分かった。
この舞台から推しのファンになった人が多いのもうなずける。特に、個別ファンサされたら確実に落ちるでしょあれは!

個人的に一番落ちたポイントはライブパートのOPの推しの登場シーンです。
推しがトップバッターで1人でこの場の空気を一気に温めることができる日が来るなんて。
ここがとにかくかっこよすぎて、観に行く度に手紙で最高って伝えてた。
シングルCDの特典カードで推し本人もこのシーンかっこよかったでしょって言ってくれてたのも嬉しかった。

推し関係なく、ライブパートの構成は今までで一番良かった。
ミュージカルパートもこれまでの話から続いていることや、ファンの課金がきっちり反映されていたことが嬉しかったし、作品全体のおたくとしても、この舞台を観ることが出来て本当に満足できた。

◆4月◆
・推しのメジャーデビュー発表
そんな気はしてたけど、本当にびっくりしすぎて会社早退して寝込んだ。
同担に限らず、推しの歌を知っている人たちはみんな、正気!?ってざわついてたよね。
でも、推しの好きな音楽ジャンルの系統の作曲家さんに曲を作ってもらえるのが分かったので、きっといい具合になんとかしてくれるだろうとは思った。

◆5月◆
・推しのトーク番組開始
毎月の楽しみが増えて嬉しかった。推しのトーク、本当に面白いんですよ。
トークだけじゃなく、バーテンダーとしてゲストにお酒を作るところも良かった。
おかわりをトークを切らずにさりげなく出すところとか、過去に実際にバーテンダーをやってたから自然にできることだなって。
最後にゲストのオーダーに応えてオリジナルカクテルを振る舞う時も、手つきがめちゃめちゃ慣れててかっこよかった。
8月で一旦終わってしまったのだけど、また来週に再スタートしてくれるのでとても楽しみ。

◆6月◆
・推しのトーク番組第二回
今年はこの時のゲストと一緒にお仕事することがめちゃくちゃ多かったですね。
役とのギャップは若手俳優界でも随一かもしれない。
推しがボケに回れずにツッコミとストッパーに徹して、それでも拾いきれずに折れることもある、ものすごいエネルギッシュな方。
アルコール入れてないのにあれだけ盛り上がれるのもすごい。
ノンアルコールカクテルのレシピをいろいろ知れたのも良かったです。

・デビュー曲初公開
災害続きでふさぎ込んでた時に聞いて、不安が消し飛ぶぐらいすごく良い曲が流れてきて、ほっとして泣いた。
このあたりのメジャーデビュー関連の話はこの記事でいろいろ書いてます。
miyama-oc.hateblo.jp

・主演ドラマ配信
5月までの舞台の大千秋楽の翌朝4時に出発して地方で撮られた作品。無茶にもほどがある。
怖い系の役が似合ってて、人を追いかけている時の背中の迫力がすごかった。
でも、推しの優しい部分も反映された役だったのも良かった。

◆7月◆
・推しのトーク番組第三回
この時のゲストのおかげで推しのデビュー曲がいいものになったので、感謝してもしきれない。
この方もトーク面白いですよね。推しと同年代だからかお互い話しやすそうなのも見てて和みます。
ファンへの対応がとても手厚いし、応援された分、仕事できっちり返してくれる方というイメージなので、推してる方はとても幸せだろうなあと勝手に思ってます。

・推しの出演舞台観劇
推しはこの役を演じる時はがとても楽しそうなので、推しのおたくとしては満足です。
ただ、観劇おたくとしてはこの演出家と本当に合わないので(特に、どの作品だろうが原作で強くて戦える女性を守られる側に強制的に当て込むところが無理)、推しの出番以外はしんどかった。
でも今年もこの舞台の続編ありそうだからまたチケは取るんだろうな。
推しのビジュアルと生き生きした演技は文句なしに好きだから、ストレスを抱え込まない範囲での観劇に留めます。

あと、この舞台のゲリラ握手会で推しからの認知が発覚しました。
その日は接触あるなんて聞いてなかったし、台風が直撃してたから濡れても汚れてもいいような全く盛ってない見た目だったので、本当に本当になんでよりによってこの日だったんだって思いました。
ここから私の中での推し事スタンスが大きく変わって、今に至ります。
miyama-oc.hateblo.jp
今思うと、私があまりに盛ってない見た目だったから、どうしたのって口調で声かけてくれたのかな…。実際に来るの大変だったのが顔に出てしまってたかもしれない。

◆8月◆
・推しの出演舞台観劇
推しを推してから初めて全通した舞台。
推しの出番は少なかったものの、以前から見たいと思っていた劇団の舞台で、ものすごく面白かったので、全通して本当に良かった!

生演奏と主演の方の歌がめちゃくちゃかっこよくて、公演後のサイン会で主演の方に最高にかっこよかったです!って伝えたら、かっこよかったでしょ~!いつもこんな感じのストロングな舞台してるんで、またぜひ見に来てくださいって返されて、かっこよすぎて惚れました。
自分の仕事に自信持ってる方って素敵ですよね。今後また観に行きます。

推しの演技も、全くイケメンな役ではなかったのが新鮮で、推しも楽しく演じているのが分かったのでとても良かった。
やっぱりこの人は自分をイケメンとして売る気がない気がします(褒めてる)
仕事でイケメンを求められたらちゃんと応えるけれど。
面白お兄ちゃんとしてのお仕事もっと増えて欲しい。

・推しのトーク番組第四回
7月の舞台の共演者がゲストだったのだけど、推しが2人のことを好きな以上にゲストの1人が推しのことを好きすぎてやばい。
でも、すごく和やかに楽しくトークをされるので、これからも推しのことをどうぞよろしくお願いしますという気持ちでいつも見てる。
この時のオリジナルカクテルがだいぶパンチ効いてたなあ。

・推しの仲良しさんの出演舞台観劇
気になってた演出家とキャスト揃いだったので、推しの仲良しさんへの感謝課金も兼ねて1公演だけ取りました。
原作を知ってる2.5だったので普通に楽しめました。
2.5初めてって原作ファンが結構観に来ていて、休憩中にひたすらすげーすげー!!って興奮しながらトークしているのが周りから聞こえて、私が舞台観るの楽しいって思ったきっかけも同じ感じだったなあと思い出して幸せな気持ちになったり。
あと、この演出家はいつも歌の上手い役者を揃えてくるから、歌パートがすごい。生で聴けて良かった。

・推しのメジャーデビューCD発売とイベント諸々(9月初旬まで)
推しにとって特別な日をお祝いできて本当に良かった。
ライブも観客を全力で楽しませてくれて、この人のファンで良かったって心の底から思えた。
地方でのイベントも、推しの地元トークなどが聞けたのが嬉しかった。

あと、入ってて良かったradikoプレミアム。
ラジオが一日に4回って日があったりして、追いきれないこともあったので。

この月は推しはとにかく忙しかったと思うけど、全部楽しませてくれたので、会いに行けて良かった。
私も全部会いに行ってるから体力よく持ったなって思うのだけど、いつ仕事してたんだろう?仕事も忙しかったはずなんです。
いや、仕事よりもいつ休んでたのかの方かな。ひたすら飛び回ってた記憶しかない。

・有名作品の舞台化と推しの出演告知
推しを推してて一番びっくりした告知。
ただ、この原作のファンは2.5に馴染みがない上に原作への思い入れが強い人が多いので、推しがこの大役を演じて原作ファンに受け入れてもらえるんだろうかという不安は未だに強いです。
どうか1人でも多く推しのファンが増えるきっかけになることを祈ってます。

◆9月◆
・推しの出演作品のシングルCD発売
前作ではスケジュールの都合で作られなかったのがやっとここで救われた。
MVが最高にかっこよくて、ここの推しがやばいって思うところが他担とも一致してたのが嬉しかった。
特典の動画もアルバムが楽しみになるような内容で、年末まで楽しみが続いて幸せでした。

・企画もの生放送
台風で電車が止まってて、推しがどうやって帰ったのかが心配になる生放送だった。
ダミーヘッドマイクが物珍しくていじりまくってる推しがかわいかったです。

◆10月◆
・円盤リリースイベント1(接触あり)
ランダムポストカード(会場ごとに限定あり)があって、コンプできなかったら病むって思ったのですが、会場限定ものは運良く自引きできてほっとしました。トレードですんなりコンプできて本当に良かった。
でもランダムものは発表された瞬間からメンタル削られるから勘弁してほしい。
好みじゃなければ全然頑張らないんですけど、この円盤出してるところはいつも好きなタイプの推しの写真を出してくれるからどうしても全部欲しいんですよね。普通に売ってほしい。

トークは終始お腹が痛くなるぐらい笑い倒してました。
2日目は推しも共演者も明らかに前日の疲れが回復してない上に空調が効きすぎてて極寒だったから接触の時辛そうだった。
この後、言葉をどうかけたらいいのかなって悩んだりしてたのがこの記事。
miyama-oc.hateblo.jp

・円盤リリースイベント2(接触なし)
こっちはこっちで前日の夜遅くに北海道での仕事を終えて、早朝に会場入りというハードなスケジュールで、推しが心配になった。
役者もファンもオールスタンディングで、1部と2部の休憩が40分ぐらいしかないイベントで、あの場にいた全員が体力の限界を試されていた。

でもこの時のトークもすごく面白かった。
推しより若い共演者ばかりだったので、最年少の共演者とのジェネレーションギャップに戸惑う推しを見れた。かわいかったです。
あと、ネタ出ししていいところは自分が一番観客を笑わせてやる!という気概が伝わってきた。
推しのそういうところがすごく推せる。

・ハロウィンオールナイト生放送
あのハロウィン当日の渋谷のど真ん中でこれやるって企画した人シメていいですか?役者の身の安全が保障できないような場所でやらないでほしい。
だいぶ長い間放送が中断したり、当日のタイムテーブルが告知されてたのと全然違ったり、アーカイブ配信あるって言ってたのに結局なかったりで、不満がどうしても出てきてしまう。
来年もやるならせめてもう少し安全なところでお願いしたい。

放送中にエチュードやゲーム大会で推しがガンガン笑わせてくれたのが救い。
深夜だからかわりとあえて事故りにいってたようにも見えた。
放送が中断してしまった時に、推しがとっさに自分のスマホからインスタライブで繋いでくれたのはすごくかっこよかった。
面白かった反面、先月の北海道での仕事の放送部分は真面目だったりで、いろんな推しを見れたのは良かった。
復興支援番組って言うなら別の日の日付が変わらないぐらいの時間帯の方が色んな面で良かったのではとは思う。
楽しかったけど、稽古中の出演者に無茶させないでほしいという気持ちがどうしても一番上にきてしまうのがつらい。

◆11月◆
・ラジオ番組(週3回×1ヶ月)
推しのいろんな情報を知ることが出来て良かったです。知った情報は今後のプレゼントや接触に活かしていきます。
推しも自分でも分からなかった自分自身のことを知れたかな?

・TV番組出演2回
カオスとしか言いようがない作品、キャラでめちゃくちゃ楽しかった。
来月からの舞台化も楽しみ。

・推しの出演作品のアルバム発売
予約特典とブックレットの写真が良い。ひたすら良い。全種予約してて本当に良かった。
シングルに入ってなかった歌も聴けて、お祭りの予習が出来た。

・3年目のお祭り(12月中旬まで)
最高にかっこいい推しを見れて満足です。お祭りとしても過去最高に楽しめた。
詳しくはこの記事に。
miyama-oc.hateblo.jp

この月は推しの仕事が多かったから、ひたすら感想の手紙を書いては送ってた。
毎回推しに届けてくれたマネージャーさんにも感謝。

◆12月◆
・写真集リリースイベント
写真集が最高だったのと、インタビューが衝撃だったのと、接触での推しの対応が神だったので、ひたすら良かったなあという思い出。
miyama-oc.hateblo.jp
写真集は推しを推しだしてからずっと出して欲しいと思ってて。
月刊シリーズの告知のたびに、次こそは推しがくる?なんてすごくドキドキソワソワしてました。
(今だから言えるけど、CDデビューの告知と月刊の告知が同日で、どっちも前日に告知予告があったものだから、私や同担界隈はCDデビューじゃなくて月刊かなって思ってて、違うって分かった瞬間、じゃあ推しは何の告知をするの?ってざわついた)

かっこいい、かわいい推しにもいろんな種類があって、そのいろんなかっこいい、かわいいがたくさん詰まっている写真集だったので、本当に良かったです。

・単独トークイベント
推しからファンへの、最高のクリスマスプレゼントでした。
お祭り以上に、毎年これがないと年を納めた気にならない。
全ての部で去年の倍の箱がほぼ埋まってたのも嬉しかった。
これからもずっとやってほしいです。

あと、カレンダーが写真集と同じカメラマンが撮られていて、こっちは癒やし系の推しで和みました。
自然な感じの推しを撮ってくださる方なので、今後もまた推しを撮っていただける機会があるといいな。

・推しの仲良しさんとの生配信
推しのことが好きすぎる方との生配信。推しからおそろいのパーカーもらって良かったね!
2人とも優しくて穏やかな部分が共通してて、境遇も似てるところがあるから楽しく盛り上がれるのかなって思った。
忙しい方だけど、これからもまた推しとトークのお仕事してもらえたら嬉しいです。

・紅白、CDTV
連日朝早くからリハされてて、紅白ってこんなにハードなんだっていうのを知れた。
全員で歌唱するだけでなく、演歌のプリンスを守ったり、演歌のレジェンドにうちわを振る推しが観れる日がくるなんて思いもしなかった。
かっこいい推しと楽しそうな推しを見て年を越せたことが幸せ。


ここまでで8000字超えてしまったので、推しと関係ない観劇とかは抜きました。漏れはおそらくある。
今年も推しの仕事をたくさん見れるといいな。私もお仕事頑張ろう。